#1 ビンテージラジオを改造してのiPhoneオーディオにしてみよ。

 

iPhoneが充電できて、かつ音楽が聞けるiPhoneオーディオ。

デスクトップオーディオとして、リビングのBGM用としてとても重宝するのですが、どこかデザインが近未来的で暖かみが

なくって、我が家のインテリアとはミスマッチなものばかり・・・。なかなかいいものも見つからず、悩んでいたんですが、ヒラメキました!

 

そう!ないなら作る!

早速ヤフオクでビンテージもののラジオを物色です。大事なのは外装。中身は必要ないのでジャンクでかまいません。

探せば結構かわいいラジオがたくさん出品されてるんですね。

 

で、手に入れたのが Magnavox が製造した1970年代のトランジスタラジオ。詳しいスペックなどは分かりませんが、

ベージュのボディとゴールドのパーツが気に入って即入札。3000前後で落札できました。

 

 

Magnavoxのロゴとエンブレム。
Magnavoxのロゴとエンブレム。

 

届いたら早速中身を撤去。外装に関連しないもの以外はバンバン取り外していきます。

で、もうひとつ必要なのが、iPhoneオーディオ。こいつをバラして中身を取り出し、箱だけになってしまったMagnavox

に移植してやるのです。

 

基本的にはこれだけ。スピーカーの配置とか、ケーブルの取り回しとか難しい部分もあるにはあるのですが、中学校の

技術家庭などでやったハンダ付けが出来ればほぼ誰でも出来るDIYです。

 

こんなふうに上面を切削加工してiPhoneドックを組み込みました。
こんなふうに上面を切削加工してiPhoneドックを組み込みました。

以前の記事